卒業生の窓

名前
メール
HP
題名

内容
画像
削除キー (英数8文字以内)

題名: 2013年 成人式おめでとう。
名前: 館長 西川敏博 , 2013年1月23日(水) 6:17
[削除]
 今年も成人式の後、卒業生たちが塾を訪問してくれました。毎年のことですが、女の子たちは綺麗な着物を着て化粧もバッチリ、パッと見ただけでは誰だか分からないことがよくあります。今年も成長したみんなの顔を見ながら小学生の頃、中学生の頃、高校の頃を思い出し懐かしく思いました。
 またみんなが元気な顔を見せてくれることを、ノーベルの先生たちみんなで楽しみに待っています。

題名: 2012年 成人式 おめでとう!
名前: 館長 西川敏博 , 2012年1月9日(月) 14:23
[削除]
 今年も、成人式を迎えたノーベル学習館OBが、式典の後、塾を訪問してくれました。男子生徒はすぐに誰か分かるのですが、女子生徒はあでやかな和服姿にバッチリ決めたメイクにヘアスタイルなので、まぶしすぎて名前が出るまでに少し時間を要する場合があります。
 しかし、こうして毎年OBが成人式の後に塾を訪ねてくれるのが本当に嬉しくてたまりません。彼ら、彼女らの小学生時代・中学生時代、高校時代の思い出がよみがえってきます。また、同時に保護者の方と何度も面談しながら、微力ではありますが子育てのお手伝いをさせていただいたことが懐かしく思い出されます。
 20歳を迎えたOBの皆さん、『念願は人格を決定す、継続は力なり!』 自らの力で自らの道を切り開き社会に貢献して下さい。
 そして、苦しい時や迷った時はいつでもノーベルを訪ねて下さい。ノーベルの理念は『共に学び 共に育つ』です。いつでも君達を待っています!

題名:
名前: 友和 , 2011年1月7日(金) 21:12 , Mail
[削除]
拝啓 西川館長様
こうして改めてご挨拶をするのも、どこか照れくさい気もしますが、人生の節目としてお礼を兼ねて感謝の気持ちを文章にしてみることにしました。
ノーベル学習館にお世話になっていた少年時代から、早いもので20年余り。当時、ガキ大将だった僕も今年で35歳を迎えます。
思い返せば、当時の僕は決して“真面目”とは言えず、恥ずかしながらいつも自分自身に言い訳をしながら時間を過ごしていたように思います。しかし、そんなときに決まって一喝して下さったのが、西川館長でしたね。実の親同然、或いはそれ以上に。『おまえの場合はまだ苦労じゃないぞ!ワシの学生時代なんて〜。』と、涙しながら話して下さったときの真剣な表情、そして、真剣さゆえに真っ赤に充血した瞳から流れる涙を今でも鮮明に覚えています。その節は本当にありがとうございました。社会生活を始めてから、何度もあのときの“一喝”を思い出しては、自分なりに地に足をつけて歩んで来れました。挫折も少なからず経験しましたが、すべては成功の種ですよね。きっと。
西川館長、そんな僕も今では2児の父となり、命の現場で働く看護師として、決して甘くは無い社会で日々奮闘しています。もちろん、まだまだ未熟者ですが“自分の好きな仕事”で飯を食えています。

塾生の皆さん、ここノーベル学習館には必死で生徒と向き合い、魂の底まで染み渡るほどの愛情を注いで下さる教師陣がいます。受験に向き合うなかで、時に傷つき心が折れそうになる瞬間もあるかもしれませんが、その先には必ずや輝ける未来が待っています。
僕は皆さんより、少しばかり先の未来に進んでいますが、ここにはたくさんの幸せが溢れていますよ。
皆さんも自分だけの確かな夢を抱きながら、それに向かって堂々と突き進んでいって下さい。応援しています。
追伸、西川館長、また近々夢の続きを語り合いましょう。
                      友和

題名: 便りありがとう。
名前: 館長 西川 敏博 , 2011年1月13日(木) 18:02
[削除]
看護師というやりたい仕事で日々命と向き合いながら頑張っている姿が目に浮かびます。今の仕事・今の職場に辿り着くまでの友和の苦労を思い出すと同時に、その苦労とひたむきな努力の積み重ねが肥やしとなって、今の自分を輝かしているいるんだな〜と改めて感心しています。これからも、たくさんの患者さんと心通わせて多くのことを学び続けて下さい。先輩の成長と学びを塾の後輩に伝えておきます。奥さんと可愛い娘さんに宜しく!

題名: 感謝 ご無沙汰をしております
名前: 2002年度卒業生 , 2010年2月28日(日) 18:00
[削除]
ノーベル学習館には高校時代3年間お世話になりました。
高校時代はクラブ活動が忙しく、なかなか皆と授業に参加できず、自分に合わせて夜遅くまで先生方に付き合ってもらったりと、今思えば大変お世話になったなと、心からそう思います。
西川館長とは家が近くということもあり、夜遅くによく車で送っていただき勉強以外の話もいろいろした思い出があります。

卒業してから8年。今の会社に就職して丸4年。時間が経つのは早いなと感じております。現在はIT関係の会社で営業マンとして日々頑張っております。4年間で大阪・名古屋・東京・福岡と全国で働いてきました。いろんな場所や人々と触れ合いながら、あの頃に比べたら少し大人になったような気がします。楽なことばかりではないですが、自分なりにコツコツ頑張っています。
酒も飲める年になりましたので、竹原に帰った際は飲みにでもいけたらなと思っております。

学生の皆さんへ
偉そうにアドバイスできるほど学生時代は勉強はしてないですが、これから先大学や社会人になって、たくさん楽しいことがあります。今しんどいと思ってる人もいるかもしれませんが、頑張ってください。世間と日本は広いです。何事も経験に勝るものはないと思いますのでいろんなことにチャレンジをして欲しいと思います。卒業するときに楽しかったと思えるよう学生生活を送って頂ければと思います。

題名:
名前: 館長 西川敏博 , 2010年7月15日(木) 18:01
[削除]
元気にしていますか?3月末には弟も訪ねて来てくれましたよ。バスケットしながら、夜9時過ぎに塾に来て、それから、頑張って勉強していたあの頃を印象強く覚えています。よく、部活と勉強の両立ができたなと感心していました。人生山あり谷ありです。自分の可能性を信じて頑張って下さい。

題名: 近況報告ets...
名前: 下川典子 , 2010年7月6日(火) 9:19
[削除]
お久しぶりです!!
今更ですが、塾に通った7年間は本当にお世話になりました。
特に、高校3年生の時に進路に悩んでた時、いろんな先生に心配をかけて
今でも申し訳ない思いでいっぱいになります。

でも今は、ノーベル学習館の教えの
「やりたい仕事で生計を!」
を、今実現できているところです。

私は東京でパティシエをしていて、複数店舗があるなかの一つのチーフをしています。
今5年目になりましたが
玉川島屋、大丸東京、日本橋三越、銀座三越、エキュート品川
などが、私の配属されてきた店舗です。

やっぱり、働く事に最初は慣れず
毎日「辞めてやる!!」
と思いながら、なんとか一年過ぎた時
「一年頑張れたんだから、あともう一年頑張ろう」と思い
いつの間にか頑張る事に慣れ、5年目に突入していました。

これは私の主観かもしれませんが、
何事でも、一つ頑張り続けられるものがあれば
それが自分の強みになると思います。
今、簡単に会社を「嫌だから」と辞める人が増えています。
世界的不況にあるなか、会社の労働条件も厳しくなっているのが当たり前になってしまいました。
その中でも、働き続けてくれる人材を
今会社は望んでいると思います。
だから、今ノーベルで勉強している皆には
なんでも「諦めない」という精神を今から身につけてみて欲しいです。
勉強はもちろんですが(私はやりきれませんでしたけど・・・)
「なにがなんでも」という気持ちは、何にでも活かせるものだから
少しでも、今学生の方たちが将来強く生きられたらと
私は思います(^−^)


題名:
名前: 館長 西川敏博 , 2010年7月15日(木) 17:53
[削除]
先日はお姉さんと一緒に差し入れ(リポビタン&洋菓子)を持って来てくれてありがとう!三者面談で「パテシエになるために大学ではなく専門に行く!」と保護者の反対を押し切って、大粒の涙を流しながら主張したあの時の意志の強さを一生忘れません。だから、今がある。これからも、「好きな仕事で飯を食うために学べ」と語り続けます。そして、コメントにあるように仕事は厳しいのが当たり前、だけど、好きで選んだ道なら苦労を乗り越えられるという、先輩の言葉を後輩に伝えていきます。ありがとう!また、会えるのを楽しみにしています。

1 2
全 10件(未掲載 0件)